array(8) {[0]=>object(WP_Post)#3379 (24) {["ID"]=>int(5)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 12:38:44"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 03:38:44"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-02-25 13:12:19"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-02-25 04:12:19"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(44) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=5"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3475 (24) {["ID"]=>int(7)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 12:48:33"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 03:48:33"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-12-05 10:20:04"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-12-05 01:20:04"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(44) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=7"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3482 (24) {["ID"]=>int(13)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 12:50:34"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 03:50:34"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-03-28 19:16:53"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-03-28 10:16:53"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(45) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=13"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3481 (24) {["ID"]=>int(15)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 12:51:11"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 03:51:11"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2018-08-09 12:51:11"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 03:51:11"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(45) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=15"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3463 (24) {["ID"]=>int(16)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 12:51:34"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 03:51:34"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-07-17 16:35:59"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-07-17 07:35:59"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(45) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=16"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3459 (24) {["ID"]=>int(28)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 13:05:39"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 04:05:39"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-07-09 16:59:54"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-07-09 07:59:54"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(45) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=28"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3458 (24) {["ID"]=>int(51)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 13:23:58"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 04:23:58"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-11-28 12:08:52"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-11-28 03:08:52"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(45) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=51"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3452 (24) {["ID"]=>int(52)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-09 13:25:26"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-09 04:25:26"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-12-29 13:50:56"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-12-29 04:50:56"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(45) "http://admin.hoshinoya.com/guguan/?page_id=52"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 空室検索
  • お得な航空券付きプラン
close
お得な航空券付きプラン

お得な航空券付きプランはこちら

close

星のやグーグァン



台中から一時間半ほど車を走らせると、谷あいの温泉郷・谷關(グーグァン)が現れる。
ダイナミックな景色は、長い時間をかけて自然が作り上げた芸術だ。
大きな川にかかる吊り橋の先には、黒い楼閣が浮かんでいる。
風と水と温泉が贅沢に流れ、最上の湯浴みとまどろみが設計された場所。
物語のように美しい時間が、そこにあった。

    当サイトのご予約が最もお得
    チェックイン
    2017
    /
    09
    /
    25
    当サイトが最もお得

    歴史ある街並みとモダンな建築が融合した台中は、若手クリエイターも集まる都市だ。グーグァンはその郊外にあり、標高3000m級の台湾中央山脈に囲まれ、春は桜が咲き、秋は木々が赤や黄色に染まる。大甲渓という河川が削り出した谷あいが、豊かな湧き水と湯量豊富な温泉、そして心地いい風を呼んでいる。そこには、亜熱帯の台北とはまた違う「もう一つの台湾」が息づいていた。

      #01 _ 夕暮れ時
      #02 _ ウォーターガーデン
      #03 _ 自然を映すレセプション
      #04 _ 各客室に設えられた温泉専用フロア
      #05 _ 竹の庭
      #06 _ 檜薫る内湯
      #07 _ 四季を感じる露天風呂
        prev
        next

          長い竹林のアプローチを抜けると、無機質な建物が顔を出す。大きなレセプションには自然を表現した絵画が飾られ、台湾らしい鮮やかな色使いに目を奪われる。ライブラリーの先には、ウォーターガーデンの美しい景色が広がっている。ここはまるで森の美術館だ。広大な敷地は、水音の聞こえない場所がない。水路でつながる庭。ガゼボの点在するプールサイド。滝の流れる露天風呂。夢中で歩いているうちに、もう、日常の疲れを忘れている。


            prev
            next

            散策の合間、大浴場の入口を見つけたら、気まぐれに入ることもできる。弱アルカリ性炭酸水素塩泉は「美肌の湯」と言われ、檜の内湯はしっとりと心地いい。露天風呂は小川のように奥行きがあり、この国の多種多様な植物が生い茂り、季節に応じて色を変えていく。屋外にいながらプライベート感があるのは、そのジグザグした形状のおかげだろう。滝の流れる音を聞きながら、天女が湯浴みをするとしたら、きっとこんなところだろうと思った。

            青い鳥が訪れる庭

            ウォーターガーデンは曲がりくねった道でできている。本来ここにある植物を壊さないように。いろんな角度で景色を楽しめるように。水路にはアメンボが這い、睡蓮が浮かび、空高く伸びる五葉松の上には、毎朝、ヤマムスメという青い鳥が訪れる。この国では珍しくないというその姿は、しかしさながら幸福の鳥のように、心を高揚させてくれる。ガゼボで読書をし、疲れたら昼寝をする。そんな時間を過ごすうちに、やがて自分も森の一部になっていく。


            #01 _ 床座リビング
            #02 _ 源泉かけ流しの客室温泉
            #03 _ 台湾の恵みで彩る会席料理
            #04 _ 森の中のガゼボ
            #05 _ レセプション
            #06 _ 湯上りラウンジ
            #07 _ 客室テラスでの団らん
            #08 _ プールサイド
              prev
              next

                温泉の楽しみは、湯を浴びることだけではない。湯上り処でくつろいでいると、時折、かき氷や台湾茶がふるまわれる。湯上りにグーグァンの山々を見渡すなら、4階の「風の間」だ。無造作に置かれた椅子に座ると、心地いい風が通り抜ける。そのときそこは、どんなソファも勝てない特等席になる。

                最上のまどろみを知る

                世界でいちばん贅沢な休息とは、どんなものだろう。その答えは、もしかしてこの部屋にあるかもしれない。ほとんどの客室がメゾネットなのは、半露天風呂専用のフロアを設けるためだ。両面に窓があり、開けば風の通り道ができる。風の量はルーバーで自由に調整すればいい。源泉かけ流しの湯に浸かりながら、朝は山を眺め、夜は星空を見上げる。湯上りは大きなソファでまどろみ、また気が向けば湯に浸かる。この時間が、無限に続けばいいと思う。

                0570-073-066
                ( 9:30〜18:00 )
                • 0570-073-066
                  ( 9:30〜18:00 )
                close
                HOSHINOYA GUGUAN
                HOSHINOYA GUGUAN
                当サイトのご予約が最もお得
                チェックイン
                2017
                /
                09
                /
                25
                当サイトが最もお得
                当サイトが最もお得

                空室状況

                • すべての星のや
                • 軽井沢
                • 京都
                • 富士
                • 竹富島
                • 沖縄
                • 東京
                • バリ
                • グーグァン
                大人{adults} /子供{children} (1室)
                大人
                11歳以下
                6歳以下
                3歳以下/添い寝
                確定
                添い寝はできる?

                お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
                なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

                お子様のご利用
                小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
                星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
                そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
                • 1
                • 2
                • 3
                • 4
                • 5
                • 6
                • 7
                • 8泊以上
                の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
                チェックイン日選択
                <
                >
                {year}{month}
                {date}
                <
                >
                軽井沢
                京都
                富士
                竹富島
                沖縄
                東京
                バリ
                グーグァン
                {year}{month}
                {date}({day})
                <
                >
                {year}年{month}
                再検索中 ...
                チェックイン可能
                残りわずか
                チェックイン不可
                休館
                チェックイン可能
                残りわずか
                チェックイン不可
                休館
                他の星のや
                通貨表示 :

                *お得な 6泊以上優待

                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

                *お得な 6泊以上優待

                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
                • こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります
                • 2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
                • 2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
                • 2025年5月3日~5日
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                当サイトのご予約が最もお得
                close
                星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
                星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

                ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
                2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
                2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
                2025年5月3日~5日
                OK
                星のや軽井沢の最大定員は4名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや京都の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや富士の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや竹富島の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや沖縄の最大定員は4名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや東京の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のやバリの最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のやグーグァンの最大定員は7名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                OK