array(8) {[0]=>object(WP_Post)#3705 (24) {["ID"]=>int(25)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:56:59"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:56:59"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-11-18 09:54:51"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-11-18 00:54:51"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=25"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3695 (24) {["ID"]=>int(2)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-23 20:48:24"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-23 11:48:24"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-07-28 14:29:01"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-07-28 05:29:01"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(47) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=2"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3675 (24) {["ID"]=>int(15)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:54:15"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:54:15"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-11-30 17:58:05"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-11-30 08:58:05"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=15"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3686 (24) {["ID"]=>int(21)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:55:58"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:55:58"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-12-08 15:12:04"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-12-08 06:12:04"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=21"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3692 (24) {["ID"]=>int(23)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:56:17"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:56:17"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-05 14:39:14"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-05 05:39:14"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=23"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3680 (24) {["ID"]=>int(27)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:58:15"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:58:15"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-10-20 12:48:17"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-10-20 03:48:17"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=27"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3689 (24) {["ID"]=>int(1640)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 17:53:53"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 08:53:53"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-10-20 12:50:26"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-10-20 03:50:26"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=1640"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3681 (24) {["ID"]=>int(1651)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:02:01"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:02:01"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-10-20 12:52:45"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-10-20 03:52:45"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=1651"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 空室検索
  • 全国旅行支援延長について
  • 「星野温泉 トンボの湯」「村民食堂」休業のお知らせ
  • 全国旅行支援ご予約受付中
  • 【星野リゾートのコロナ対策】 
close
全国旅行支援延長について

全国旅行支援延長が発表がされましたが、現時点では詳細の共有がなされておりません。
内容がわかり次第、本サイトにてお知らせいたします。

「星野温泉 トンボの湯」「村民食堂」休業のお知らせ

軽井沢星野エリアの「星野温泉 トンボの湯」と「村民食堂」は、改修のため下記の期間休業いたします。

星野温泉 トンボの湯:2023年1月10日~3月24日
村民食堂:2023年1月10日~2月22日

全国旅行支援ご予約受付中

対象:10月25日チェックイン~12月21日チェックアウト(電話予約不可)
10月10日以前に対象期間の宿泊を予約した場合はこちら

▼当社の対応状況について(代表 星野より)
▼全国旅行支援特設サイト

【星野リゾートのコロナ対策】 

広大な自然の中やプライベートが保てる場所でアクティビティを開催することによって3密を避け、より安心してお楽しみいただけるように努めています。
なお、屋外でのマスク着用はお願いしておりませんので、開放的で快適な滞在をお楽しみください。

詳細はこちら

close

星のや軽井沢



軽井沢の森は雄弁だ。
道の先々で、彼らは旅人に囁きかける。
やわらかな木洩れ日の中、風にのって流れてくる葉の擦れる音。
どこからか聞こえてくる鳥のさえずり。草陰に潜む虫の声。
絶え間なく、ささやかに耳に届く川のせせらぎ。
静まり返った集落は、日が昇るにつれ、
豊かな森の声に包まれていく。

    当サイトのご予約が最もお得
    チェックイン
    2017
    /
    09
    /
    25
    当サイトが最もお得


    一羽のホオジロが、水波の部屋のテラスに降り立つのが見える。池の浅瀬ではセグロセキレイが水浴びをしていた。星のや軽井沢に足を踏み入れるとすぐに、豊かな生態系に恵まれている場所であることに気づく。「日本野鳥の会」創設者である中西悟堂も、ここ浅間山の麓の自然に惹かれた一人だという。“野鳥”という言葉をつくったとされる彼は、星野温泉に逗留しながら、山に棲む鳥の観察に熱中した。豊かな森は、今もなお、青々と茂っている。


      #01 _ 四季を楽しむテラス
      #02 _ 棚田の庭
      #03 _ 夕暮れ
      #04 _ 水波の部屋
      #05 _ 散策路
      #06 _ 山路地の部屋
      #07 _ 水辺のテラス
        prev
        next

          駅で胸一杯に吸い込んだ澄んだ空気。星のや軽井沢に足を踏み入れた時に感じるすがすがしさ。それはまるで、2度、軽井沢を感じる感覚に近い。そこに広がっているのは、樹々と水に囲まれた集落。初めて訪れたにも関わらず、原風景の中に迷い込んだかのような居心地を覚えるのはなぜだろうか。豊かな水が溢れ出る棚田、静かに佇む凛々しい石垣、日本家屋の面影を感じるテラス、四季の自然を慈しめる窓のつくり。西洋の暮らしに迎合しすぎない日本があったとしたら。和の文化が熟成を重ねて今を迎えていたとしたら。目の前の集落を眺めつつ、思いを馳せる。


            prev
            next

            水のせせらぎに誘われて、朝の散策に出たくなった。静けさが漂う木漏れ日の中を進む。いくつかのベンチとすれ違うが、今朝は、イチイの丘に置かれた椅子をめざす。途中、野草が茂る小道を見つけた。柔らかな土の感触を、足の裏で楽しみながらゆっくりと歩く。この集落には舗装された道もあるが、そこから外れて道なき道を散策するのも自由だ。星のや軽井沢は施設ではない。広大なひとつの庭と言えるだろう。

            静けさが
            取り戻してくれるもの

            日が落ちると、丘の上にある温泉へと人が行き交う。橋の向こうから近づく下駄の音。杉という木の性格なのか、メディテイションバスで五感が研ぎ澄まされたせいなのか。下駄の乾いた音だけが、大きく心地よい響きをもって耳に入る。夜の静寂は、軽井沢の森をより一層濃くしていった。


            #01 _ ラウンジ
            #02 _ 山路地の部屋
            #03 _ 客室のテラス
            #04 _ 朝の特等席
            #05 _ 風の通る客室
            #06 _ 谷の養生スパ
            #07 _ メインダイニング嘉助
            #08 _ 星野温泉 トンボの湯
              prev
              next

                山路地の部屋の窓は、群れ立つ樹々の風景を大きく伸びやかに切り取っていた。窓を開けると、清爽な空気が運ばれてくる。星のや軽井沢では、自然との距離がどこにいても近い。ソファに体を預けていても、自然の中に身を浸しているような感覚。森の呼吸がすぐそばで聞こえる。

                無数の休息

                星のや軽井沢の広々とした集落の中で、訪れた人はそれぞれに心と体が安らぐ時間を見つけていくに違いない。ある人はトンボの湯に浸かっている時だったり、ライブラリーでくつろぎながら普段は手に取らない本に目を落とす時間に、休息を見出したりする人もいるだろう。客人ではなく、谷の集落の住人として、彼らは自分だけの憩いを求めるかのように、森の声に耳を傾けながら、今日も木漏れ日の中を歩いている。

                050-3134-8091
                ( 9:30〜18:00 )
                • 050-3134-8091
                  ( 9:30〜18:00 )
                close
                HOSHINOYA KARUIZAWA
                HOSHINOYA KARUIZAWA
                当サイトのご予約が最もお得
                チェックイン
                2017
                /
                09
                /
                25
                当サイトが最もお得
                当サイトが最もお得

                空室状況

                • すべての星のや
                • 軽井沢
                • 京都
                • 富士
                • 竹富島
                • 沖縄
                • 東京
                • バリ
                • グーグァン
                大人{adults} /子供{children} (1室)
                大人
                11歳以下
                6歳以下
                3歳以下/添い寝
                確定
                添い寝はできる?

                お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
                なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

                お子様のご利用
                小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
                星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
                そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
                • 1
                • 2
                • 3
                • 4
                • 5
                • 6
                • 7
                • 8泊以上
                の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
                チェックイン日選択
                <
                >
                {year}{month}
                {date}
                <
                >
                軽井沢
                京都
                富士
                竹富島
                沖縄
                東京
                バリ
                グーグァン
                {year}{month}
                {date}({day})
                <
                >
                {year}年{month}
                再検索中 ...
                チェックイン可能
                残りわずか
                チェックイン不可
                休館
                チェックイン可能
                残りわずか
                チェックイン不可
                休館
                他の星のや
                通貨表示 :

                全国旅行支援適用の場合、上記表示金額より最大40%offとなります。

                全国旅行支援適用の場合、上記表示金額より最大40%offとなります。

                全国旅行支援適用の場合、上記表示金額より最大40%offとなります。

                全国旅行支援適用の場合、上記表示金額より最大40%offとなります。

                全国旅行支援適用の場合、上記表示金額より最大40%offとなります。

                全国旅行支援適用の場合、上記表示金額より最大40%offとなります。

                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                当サイトのご予約が最もお得
                close
                星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
                星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

                ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
                2023年4月29日~5月7日、8月11日~16日、12月30日~2024年1月2日
                2024年4月27日~5日、8月10日~13日、12月30日~2025年1月3日
                2025年4月27日~5日
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

                ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
                2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
                2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
                2025年5月3日~5日
                OK
                星のや軽井沢の最大定員は4名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや京都の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや富士の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや竹富島の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや沖縄の最大定員は4名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや東京の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のやバリの最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のやグーグァンの最大定員は7名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                OK