array(8) {[0]=>object(WP_Post)#3508 (24) {["ID"]=>int(25)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:56:59"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:56:59"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-19 09:23:49"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-19 00:23:49"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=25"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3506 (24) {["ID"]=>int(2)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-23 20:48:24"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-23 11:48:24"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-07-28 14:29:01"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-07-28 05:29:01"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(47) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=2"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3512 (24) {["ID"]=>int(15)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:54:15"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:54:15"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-11-30 17:58:05"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-11-30 08:58:05"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=15"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3507 (24) {["ID"]=>int(21)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:55:58"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:55:58"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-12-08 15:12:04"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-12-08 06:12:04"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=21"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3511 (24) {["ID"]=>int(23)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:56:17"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:56:17"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-05 14:39:14"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-05 05:39:14"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=23"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3519 (24) {["ID"]=>int(27)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:58:15"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:58:15"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-10-20 15:06:57"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-10-20 06:06:57"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=27"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3520 (24) {["ID"]=>int(1640)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 17:53:53"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 08:53:53"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-10-20 15:18:41"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-10-20 06:18:41"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=1640"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3516 (24) {["ID"]=>int(1651)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:02:01"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:02:01"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-10-20 15:19:23"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-10-20 06:19:23"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=1651"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 空室検索

prev
next

      日本家屋の伝統を活かし、
      滞在そのものに価値を与える設計。

      建築設計は、建築家の東利恵氏が手がけました。東氏が着目したのは、軽井沢に暮らす人びとは、庭に向かうテラスや縁側を通して、自然と触れ合いながら生活をしてきたということです。 星のや軽井沢でも、お客様に別荘のように過ごしていただきたいという想いから、分棟型の建物を点在させて、大きな開口を景色に向かってとることで開放感のある設計を考えました。

      そして、日本人が昔から内部と外部の空間をつなげようと考えてきたことも重要な要素でした。 日本家屋の伝統手法を見習い、屋外と室内をつなぐ広いテラスや広縁を設けました。四季折々の豊かな自然と、そこに設計された建物と池を中心とする魅力的な風景。この風景を「いつまでも眺めていたくなる場所」として提供することは、客室を設計する上でもっとも重要な課題のひとつでした。

      さらに東氏が考えたのは、日本人にとっての「くつろぎ」とは何か、ということ。もっとも居心地がよく、やすらぐことのできる空間づくりのため、ソファの座り心地や目線の位置など、 何度も検討と検証を重ねました。その結果、客室は、単なる「眠る部屋」という一般的な宿泊施設とは違った、「滞在する空間」へと生まれかわりました。この「滞在する空間」への転換は、星のや軽井沢にとっても重要な挑戦でした。

      水波、山路地、庭路地のそれぞれの立地の魅力を引き出し、集落風景の変化を作りだそうとした結果、客室の設計バリエーションは22を数えるほどとなりました。そこから見える風景も考えると、同じ部屋は二つとありません。また点在する建物を路地が結び、集落の風景を形成しています。こうして星のや軽井沢という、他には無い集落的な空間が東氏によって実現されたのです。


      0570-073-066
      ( 9:30〜18:00 )
      • 0570-073-066
        ( 9:30〜18:00 )
      close
      HOSHINOYA KARUIZAWA
      HOSHINOYA KARUIZAWA
      当サイトのご予約が最もお得
      チェックイン
      2017
      /
      09
      /
      25
      当サイトが最もお得
      当サイトが最もお得

      空室状況

      • すべての星のや
      • 軽井沢
      • 京都
      • 富士
      • 竹富島
      • 沖縄
      • 東京
      • バリ
      • グーグァン
      大人{adults} /子供{children} (1室)
      大人
      11歳以下
      6歳以下
      3歳以下/添い寝
      確定
      添い寝はできる?

      お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
      なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

      お子様のご利用
      小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
      星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
      そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • 6
      • 7
      • 8泊以上
      の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
      チェックイン日選択
      <
      >
      {year}{month}
      {date}
      <
      >
      軽井沢
      京都
      富士
      竹富島
      沖縄
      東京
      バリ
      グーグァン
      {year}{month}
      {date}({day})
      <
      >
      {year}年{month}
      再検索中 ...
      チェックイン可能
      残りわずか
      チェックイン不可
      休館
      チェックイン可能
      残りわずか
      チェックイン不可
      休館
      他の星のや
      通貨表示 :

      *お得な 6泊以上優待

      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

      *お得な 6泊以上優待

      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
      • こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります
      • 2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
      • 2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
      • 2025年5月3日~5日
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      当サイトのご予約が最もお得
      close
      星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
      星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

      ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
      2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
      2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
      2025年5月3日~5日
      OK
      星のや軽井沢の最大定員は4名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや京都の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや富士の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや竹富島の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや沖縄の最大定員は4名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや東京の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のやバリの最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のやグーグァンの最大定員は7名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      OK