array(9) {[0]=>object(WP_Post)#3472 (24) {["ID"]=>int(2)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-23 20:54:11"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-23 11:54:11"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-06-25 19:04:15"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-06-25 10:04:15"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=2"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3379 (24) {["ID"]=>int(1928)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2022-04-08 13:59:04"["post_date_gmt"]=>string(19) "2022-04-08 04:59:04"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(48) "開業10年 ウツグミの精神で寄り添う"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(7) "history"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-04-13 19:02:40"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-04-13 10:02:40"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1928"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3484 (24) {["ID"]=>int(14)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:29"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:29"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-12-19 14:33:47"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-12-19 05:33:47"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=14"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3481 (24) {["ID"]=>int(16)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:42"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:42"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-01-29 12:39:20"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-01-29 03:39:20"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=16"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3470 (24) {["ID"]=>int(18)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:56"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:56"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:56"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:56"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=18"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3461 (24) {["ID"]=>int(9)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-13 19:42:27"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-13 10:42:27"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-22 19:12:35"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-22 10:12:35"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=9"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3478 (24) {["ID"]=>int(6)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-13 11:27:39"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-13 02:27:39"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-12-13 19:41:24"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-12-13 10:41:24"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=6"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3454 (24) {["ID"]=>int(1320)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:42:43"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:42:43"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-03-29 09:20:10"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-03-29 00:20:10"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1320"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[8]=>object(WP_Post)#3482 (24) {["ID"]=>int(1330)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:47:09"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:47:09"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-03-29 09:22:09"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-03-29 00:22:09"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1330"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 婚礼
  • 空室検索
  • 全国旅行支援について
  • 星のや竹富島 開業10年
  • 【星野リゾートのコロナ対策】 
close
全国旅行支援について

全国旅行支援開始が発表がされましたが、現時点で事業については詳細の共有がなされておりません。
内容がわかり次第、本サイトにてお知らせいたします。

星のや竹富島 開業10年
【星野リゾートのコロナ対策】 

広大な自然の中やプライベートが保てる場所でアクティビティを開催することによって3密を避け、より安心してお楽しみいただけるように努めています。
なお、屋外でのマスク着用はお願いしておりませんので、開放的で快適な滞在をお楽しみください。

詳細はこちら

星野リゾートが考える3密回避の旅

close

星のや竹富島



石垣島から船で10分。
人口360人のこの島は、一致協力を意味する「ウツグミ」の精神により、
集落の姿や伝統文化が守られている、世界でもかけがえのない場所。
サンゴの砂が敷き詰められた白い道、ゆんたく(おしゃべり)している人、
家々から鳴り響く三線の音…。島は旅人を静かに迎えてくれる。
竹富島で暮らすように滞在すれば、島本来の姿が見えてくる。

    当サイトのご予約が最もお得
    チェックイン
    2017
    /
    09
    /
    25
    当サイトが最もお得


    集落の家々を白砂の小径がつなぐ。ビーチサンダルに入り込む砂さえも愛おしい。竹富島の集落は、国の重要伝統的建造物群保存地区に登録されている。伝統的な家々の琉球赤瓦の屋根には、愛嬌のある表情のシーサーが鎮座する。グックと呼ばれる珊瑚石で組まれた石垣が強風から家を守ってきた。どっしりとした石垣を見て、この場の自然環境の厳しさを知る。だが、竹富島の風景を守ってきたものはシーサーや石垣だけではない。島に住む人々なのだと、集落を歩きながら改めて思う。


      #01 _ 白砂のビーチ
      #02 _ プールで迎える朝
      #03 _ グックに囲まれた家屋
      #04 _ 白砂の路地
      #05 _ 琉球畳の客室
      #06 _ 客室の庭
      #07 _ 集落を包む星空
        prev
        next

          早朝の砂浜は、ただ波の音だけが響いていた。遥か昔からそうであるように、八重山の海と向き合う場所としてのビーチが広がっていた。まだ日帰り観光客のいない朝と夕が、本当の竹富島の姿。昨日、島の人から聞いたそんな話を思い出した。星のや竹富島に戻っても、島の3つの集落のどこかを歩いているかのような感覚に陥る。ここは、沖縄の伝統建築を踏襲した48棟の家々が連なる、島のもう一つの集落だ。「竹富を知りたければ、暮らすように滞在しなさい」。星のや竹富島は、旅人にそう語りかけ、島民のひとりとして迎え入れているような気がした。

          4

            prev
            next

            星のや竹富島が生まれたばかりの頃、ここは白い集落だった。掃き清められた白砂の道。そして珊瑚でつくられた石垣は、まだ白色のままだったという。それが、どうだろう。展望台から見下ろすと、島の4つ目の集落と言われる理由がよくわかった。強い日差しと風雨にさらされ、石垣は黒みがかって味わいを増していた。路地を歩いていると、ハーブが茂る畑に目がいく。かつて島民たちが、薬代わりに庭で育てていたように、ここでは島に伝わる9つの薬草を栽培し始めているそうだ。この集落は、まだ若い。だが、新たな“島の風景”として着実に溶け込み始めていた。

            島の宝を
            分かち合う場所

            竹富島の集落を歩くと、どこからともなく三線の音が聞こえる。星のや竹富島のゆんたくラウンジからも、唄が聞こえてきた。島の演者による小さなコンサート〈夕凪の唄〉が始まったのだ。恋の唄、島の唄、生きる唄。竹富島に古くから伝わる唄のひとつ、「安里屋ユンタ」を聞いていると、温かい感情が体の奥底からわき上がった。それはこの場にいる誰もが体感しているようだった。「うつぐみの心」が聴く者たちをひとつに結びつけたかのようだ。心が三線の弦のように奮え、互いに共鳴する。島唄は先祖から受け継いだ美しい宝。このラウンジは、それを皆で分かち合う場所でもあるのだ。


            #01 _ 寛ぎの縁側
            #02 _ プールサイド
            #03 _ 琉球ヌーヴェル
            #04 _ 風が抜ける浴室
            #05 _ 24時間楽しめるプール
            #06 _ 島時間スパ
            #07 _ 島人と過ごすひととき
            #08 _ コンドイ浜の夕日
              prev
              next

                客室の窓を開け放てば、心地よい海風が吹き抜ける。縁側に出ると、時折風に乗って道行く人の話し声や足音、鳥の声が聞こえる。風が止まると同時に静寂が訪れる。じっと目を閉じると、まるで時が止まっているかのようだ。そういえば、竹富島に来てから一度も時計を見ることがなかった。明るくなったら起き、お腹がすけば食事をし、昼寝をしたり、プールで泳いだり、縁側に座って島民から竹富民具づくりを教わったりもした。ゆっくりと流れる「島時間」に身を委ねていると、まるで島の一部分になったかのような気分になった。

                漆黒の夜もまた
                竹富の色

                体の力を抜き、水に浮かぶ。プールから星空を眺めた。目の前に広がる闇に星がきらめいている。プールはすり鉢状をした窪みの中心にあるため、周りの建物は一切見えない。いつもの夜空が、特別なものに思えた。竹富島の夜の暗さを守るために、星のや竹富島では、道端の灯りが足元を照らしているのみだ。島唄に登場するティンガーラ(天の川)、むりかぶし(すばる)などの星々が、依然としてこの地に輝いている。夜空を仰ぎ、体と心を整える。そうだ、今まさに島民と同じ夜を共にしている。青い海と白い道。そして漆黒の夜もまた、竹富島の色なのだ。

                0570-073-066
                ( 9:30〜18:00 )
                • 0570-073-066
                  ( 9:30〜18:00 )
                close
                HOSHINOYA TAKETOMI ISLAND
                HOSHINOYA TAKETOMI ISLAND
                当サイトのご予約が最もお得
                チェックイン
                2017
                /
                09
                /
                25
                当サイトが最もお得
                当サイトが最もお得

                空室状況

                • すべての星のや
                • 軽井沢
                • 京都
                • 富士
                • 竹富島
                • 沖縄
                • 東京
                • バリ
                • グーグァン
                大人{adults} /子供{children} (1室)
                大人
                11歳以下
                6歳以下
                3歳以下/添い寝
                確定
                添い寝はできる?

                お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
                なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

                お子様のご利用
                小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
                星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
                そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
                • 1
                • 2
                • 3
                • 4
                • 5
                • 6
                • 7
                • 8泊以上
                の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
                チェックイン日選択
                <
                >
                {year}{month}
                {date}
                <
                >
                軽井沢
                京都
                富士
                竹富島
                沖縄
                東京
                バリ
                グーグァン
                {year}{month}
                {date}({day})
                <
                >
                {year}年{month}
                再検索中 ...
                チェックイン可能
                残りわずか
                チェックイン不可
                休館
                チェックイン可能
                残りわずか
                チェックイン不可
                休館
                他の星のや
                通貨表示 :

                *お得な 6泊以上優待

                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

                *お得な 6泊以上優待

                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
                • こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります
                • 2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
                • 2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
                • 2025年5月3日~5日
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                • 航空券とセットでのご予約はこちら
                当サイトのご予約が最もお得
                close
                星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
                星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
                受付いたします。
                1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

                ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
                2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
                2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
                2025年5月3日~5日
                OK
                星のや軽井沢の最大定員は4名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや京都の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや富士の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや竹富島の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや沖縄の最大定員は4名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のや東京の最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のやバリの最大定員は3名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                星のやグーグァンの最大定員は7名です。
                複数部屋でお申し込みください。
                OK