array(9) {[0]=>object(WP_Post)#3556 (24) {["ID"]=>int(2)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-23 20:54:11"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-23 11:54:11"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-06-25 19:04:15"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-06-25 10:04:15"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=2"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3639 (24) {["ID"]=>int(1928)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2022-04-08 13:59:04"["post_date_gmt"]=>string(19) "2022-04-08 04:59:04"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(48) "開業10年 ウツグミの精神で寄り添う"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(7) "history"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-04-13 19:02:40"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-04-13 10:02:40"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1928"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3560 (24) {["ID"]=>int(14)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:29"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:29"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-12-19 14:33:47"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-12-19 05:33:47"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=14"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3555 (24) {["ID"]=>int(16)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:42"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:42"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-01-29 12:39:20"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-01-29 03:39:20"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=16"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3559 (24) {["ID"]=>int(18)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:56"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:56"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:56"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:56"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=18"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3567 (24) {["ID"]=>int(9)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-13 19:42:27"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-13 10:42:27"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-22 19:12:35"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-22 10:12:35"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=9"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3568 (24) {["ID"]=>int(6)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-13 11:27:39"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-13 02:27:39"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-12-13 19:41:24"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-12-13 10:41:24"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=6"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3564 (24) {["ID"]=>int(1320)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:42:43"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:42:43"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-03-29 09:20:10"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-03-29 00:20:10"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1320"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[8]=>object(WP_Post)#3558 (24) {["ID"]=>int(1330)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:47:09"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:47:09"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-03-29 09:22:09"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-03-29 00:22:09"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1330"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 婚礼
  • 空室検索

prev
next

    竹富島は、私がこれまで抱いていた沖縄の食のイメージを、見事に打ち砕いてくれました。民家の庭を覗くと見たことのない野菜が並んでいる。グルクンをはじめとする魚介類は、淡白な味で、繊細で、ゼラチン質が豊富なものが多い。今まで出会ったことのない野菜や海産物に触発される中で思い至ったのが、フレンチの技法で食材の魅力を引き立てることでした。魚でいうと、鶏肉のムースで旨味を加えたり、生ハムで巻いてみたりと、“足し算”の料理で素材そのものが持つおいしさを活かす料理。こうして生まれたのが、沖縄の食材と“新しいもの”を意味する言葉を合わせた「琉球ヌーヴェル」というコンセプトです。
    そこに欠かせない食材として私が注目したのが、ハーブ。太陽をたっぷりと浴びて育った沖縄の素材の力に負けないためには、やはり地元のハーブが一番です。星のや竹富島では、長命草や、フーチバ、ニガナといった地元由来の野草から、イタリアンパセリやローズマリーなど、この土地に合う香草を育てています。フレンチのフィルターを通して生み出す沖縄の食材の饗宴をお楽しみください。

    沖縄に、新しい美食あり。

    沖縄といえば、ゴーヤチャンプルやソーキそばといった料理を思い浮かべる人は多いでしょう。琉球ヌーヴェルは、お客さまが抱く沖縄の食へのイメージをいい意味で裏切りたいと思っています。旬の食材でいうと、沖縄は内地と気温差があることから、冬にも魅力的な味わいの野菜に出会うことができます。さらに沖縄には、フレンチで一般的なジビエもしっかりとある。野生のどんぐりを食べて豊かに肥えた西表島のイノシシは、イベリコ豚とも変わらぬ妙味ですよ。また器に関しても、沖縄の新しい食への考えを徹底しています。こちらの言葉で焼き物を意味する「やちむん」を、私たちは陶芸家・大嶺實清氏に依頼しました。フレンチを盛るためのやちむんという挑戦に、大嶺氏自身、楽しみながら挑んでくださいました。召し上がるお客さまは、一枚一枚、沖縄の新しい美と対峙することになるでしょう。「沖縄に、こんな食文化があったのか」と、味からも、見た目からも、驚きが絶えない琉球ヌーヴェルをご堪能ください。

    冬に味わう「島テロワール」

    冬には、この小さな島が持つ特有の環境の中だからこそ出会える食材を味わうことができます。秋に島最大の祭事「種子取祭」で五穀豊穣を願う竹富島では、「秋に植え、冬に収穫する芋が一番おいしい」と島のおじぃが教えてくれました。また、水温が高めで滋養が豊かな海水で育った車エビは冬が最もおいしくなります。珊瑚で隆起した島の土壌、年間平均気温24℃という温暖な気候の中で、島の食材は本州とは異なるサイクルで旬を迎えています。
    これらの旬の島食材を使い、琉球ヌーヴェルをさらに進化させ誕生したのが「島テロワール」。「テロワール(Terroir)」とは、大地を意味するフランス語「Terre」から派生し、食材が育つための環境(天候、土地、人、歴史、文化など)の特徴をいう言葉です。竹富島の天・地・人が織りなす美食を冬限定でご提供いたします。この季節だからこそ味わえる島の恵みをお召し上がりください。

    2009年ボキューズ・ドール国際料理コンクール日本大会優勝、2011年同コンクールにてアジア代表として健闘、世界大会入賞など活躍し、世界レベルのフレンチの腕を評されます。
    軽井沢にて料理長を務めた後、星のや竹富島の開業時に総料理長へ就任。そこで出会った個性あふれる沖縄の食材を様々なフレンチの技法を用いてアレンジし、新しい一皿を生み出し続けています。

    • 島で育つ野菜やハーブは、島民たちが長年育んできた、伝統の食材です。そして豊かな海産物も、島の大切な恵みのひとつ。「季節の夕食」では、島ならではの素材をふんだんに使った、星のや竹富島オリジナルのフレンチでお客様をおもてなしいたします。

      期間

      通年

      時間

      17:00 - 20:00

      料金

      14,520円/1名様(税・サービス料10%込)

      場所

      ダイニング

      特性の出汁や、命草の香りを閉じ込めた「命草氷」とともに牛肉や豚肉、旬の野菜を冷製鍋としてご用意いたします。
      客室でゆっくりとくつろぎながら、この土地でしか出会えない島鍋をお楽しみください。

      期間

      2022年4月10日 - 2022年12月10日
      (食材の入荷状況等により変更になる可能性がございます)

      時間

      17:20- / 17:40- / 18:00-

      料金

      14,520円/1名様(税・サービス料10%込)
      *2名様以上でご利用いただけます。

      定員

      数量限定

      ご予約

      前日18時まで
      *当日100%のキャンセル料が発生いたします。

      場所

      客室

      鉄板焼き御膳や車エビとミーバイの出汁しゃぶ御膳など、お部屋でごゆっくりと寛ぎながらお楽しみいただける、夕食限定のメニューをご用意いたしました。長期滞在の方にもおすすめです。

      時間

      17:20 - 20:20

      期間

      通年

      場所

      客室

      • ダイニングはご予約優先です。ご宿泊の予約完了後にご予約をお願いします。
      • 旬の食材を使用しておりますので、内容が変更になる場合もございます。
      • 他の献立との組み合わせは、ご遠慮いただきますようお願いします。
      • アレルギー対応について
    • 伝統的な重箱料理(ウサンミ)をもとにした「九品朝食」のほか、お粥と昔ながらの製法で作られた豆腐を合わせた「ゆし豆腐粥朝食」をご用意しています。

      期間

      通年

      時間

      7:00 - 10:00

      料金

      4,235円/1名様(税・サービス料10%込)

      場所

      ダイニング

      竹富島で約600年続く種子取祭。
      五穀豊穣の意を込め、穀物を使用したこの時期ならではの和朝食をご用意しています。

      期間

      9月1日〜10月7日

      時間

      7:00〜10:00

      料金

      4,235円/1名様(税・サービス料10%込)

      洋朝食には、魚介類のブイヤベースや命草サラダなど、竹富島らしさを味わえる「海風ブレックファスト」と、八重山で親しまれる五穀に優しい味わいのフルーツを添えた「シリアルブレックファスト」の2種をご用意しております。

      期間

      通年

      時間

      7:00 - 10:00

      料金

      4,235円/1名様(税・サービス料10%込)

      場所

      ダイニング

    • 集いの館にあるメインダイニングにて、シェフがひと手間かけた沖縄料理の昼食をお召し上がりいただけます。

      時間

      12:00 - 13:45

    • 少し贅沢な軽食や飲物を気分に合わせてお好きな時に。食事を軽く済ませたい、部屋で気兼ねなく晩酌をしたいというお客様にも最適です。

      時間

      15:00 - 翌10:20

    0570-073-066
    ( 9:30〜18:00 )
    • 0570-073-066
      ( 9:30〜18:00 )
    close
    HOSHINOYA TAKETOMI ISLAND
    HOSHINOYA TAKETOMI ISLAND
    当サイトのご予約が最もお得
    チェックイン
    2017
    /
    09
    /
    25
    当サイトが最もお得
    当サイトが最もお得

    空室状況

    • すべての星のや
    • 軽井沢
    • 京都
    • 富士
    • 竹富島
    • 沖縄
    • 東京
    • バリ
    • グーグァン
    大人{adults} /子供{children} (1室)
    大人
    11歳以下
    6歳以下
    3歳以下/添い寝
    確定
    添い寝はできる?

    お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
    なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

    お子様のご利用
    小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
    星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
    そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8泊以上
    の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
    チェックイン日選択
    <
    >
    {year}{month}
    {date}
    <
    >
    軽井沢
    京都
    富士
    竹富島
    沖縄
    東京
    バリ
    グーグァン
    {year}{month}
    {date}({day})
    <
    >
    {year}年{month}
    再検索中 ...
    チェックイン可能
    残りわずか
    チェックイン不可
    休館
    チェックイン可能
    残りわずか
    チェックイン不可
    休館
    他の星のや
    通貨表示 :

    *お得な 6泊以上優待

    • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

    *お得な 6泊以上優待

    • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
    • 航空券とセットでのご予約はこちら
    • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
    • 航空券とセットでのご予約はこちら
    • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
    • こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります
    • 2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
    • 2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
    • 2025年5月3日~5日
    • 航空券とセットでのご予約はこちら
    • 航空券とセットでのご予約はこちら
    • 航空券とセットでのご予約はこちら
    当サイトのご予約が最もお得
    close
    星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
    星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
    1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
    受付いたします。
    1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
    受付いたします。
    1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
    受付いたします。
    1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

    ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
    2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
    2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
    2025年5月3日~5日
    OK
    星のや軽井沢の最大定員は4名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のや京都の最大定員は3名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のや富士の最大定員は3名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のや竹富島の最大定員は3名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のや沖縄の最大定員は4名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のや東京の最大定員は3名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のやバリの最大定員は3名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    星のやグーグァンの最大定員は7名です。
    複数部屋でお申し込みください。
    OK