array(8) {[0]=>object(WP_Post)#3508 (24) {["ID"]=>int(25)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:56:59"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:56:59"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-19 09:23:49"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-19 00:23:49"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=25"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3506 (24) {["ID"]=>int(2)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-23 20:48:24"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-23 11:48:24"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-07-28 14:29:01"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-07-28 05:29:01"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(47) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=2"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3512 (24) {["ID"]=>int(15)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:54:15"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:54:15"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-11-30 17:58:05"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-11-30 08:58:05"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=15"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3507 (24) {["ID"]=>int(21)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:55:58"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:55:58"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-12-08 15:12:04"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-12-08 06:12:04"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=21"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3511 (24) {["ID"]=>int(23)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:56:17"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:56:17"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-09-05 14:39:14"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-09-05 05:39:14"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=23"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3519 (24) {["ID"]=>int(27)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-24 15:58:15"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-24 06:58:15"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-10-20 15:06:57"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-10-20 06:06:57"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(48) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=27"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3520 (24) {["ID"]=>int(1640)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 17:53:53"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 08:53:53"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-10-20 15:18:41"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-10-20 06:18:41"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=1640"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3516 (24) {["ID"]=>int(1651)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:02:01"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:02:01"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-10-20 15:19:23"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-10-20 06:19:23"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/karuizawa/?page_id=1651"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 空室検索

prev
next

      居心地よい暗さと明るさの調和。

      客室、施設内の照明設計は、ICE都市環境照明研究所の所長・武石正宣氏が担当。武石氏は、「豊かなリゾートにふさわしい明かり」その実現に向け、東氏や長谷川氏がどんな光をイメージしているか聴き取る一方、図面上でゲストと同じ目線に立ち、全エリアを歩いて検証を重ねました。そして、明るさ=居心地よさではないという結論に至ったのです。不必要な灯りを削ぎ落とした結果、生まれた闇と光が、「人 - 建築 - 自然」を融合させるのではないかと考えました。

      実際に集落で一日を過ごしてみるとわかるのですが、谷の集落が最も情緒豊かに変化するのは夕暮れ時。リビングからテラスを通して外を眺めると、残照が漂う空の下、灯り始める集落ひとつひとつの明かりが風景を構成し、人の気配すら感じさせます。更に夜が深くなるにつれ、昼とは全く異なる光景が広がります。軽井沢という自然豊かな場所ならではの月や星の光と、私達が灯す明かりとの絶妙な調和が、集落の滞在に深みを与える美しい光景をつくり出しています。

      ICE


      0570-073-066
      ( 9:30〜18:00 )
      • 0570-073-066
        ( 9:30〜18:00 )
      close
      HOSHINOYA KARUIZAWA
      HOSHINOYA KARUIZAWA
      当サイトのご予約が最もお得
      チェックイン
      2017
      /
      09
      /
      25
      当サイトが最もお得
      当サイトが最もお得

      空室状況

      • すべての星のや
      • 軽井沢
      • 京都
      • 富士
      • 竹富島
      • 沖縄
      • 東京
      • バリ
      • グーグァン
      大人{adults} /子供{children} (1室)
      大人
      11歳以下
      6歳以下
      3歳以下/添い寝
      確定
      添い寝はできる?

      お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
      なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

      お子様のご利用
      小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
      星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
      そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • 6
      • 7
      • 8泊以上
      の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
      チェックイン日選択
      <
      >
      {year}{month}
      {date}
      <
      >
      軽井沢
      京都
      富士
      竹富島
      沖縄
      東京
      バリ
      グーグァン
      {year}{month}
      {date}({day})
      <
      >
      {year}年{month}
      再検索中 ...
      チェックイン可能
      残りわずか
      チェックイン不可
      休館
      チェックイン可能
      残りわずか
      チェックイン不可
      休館
      他の星のや
      通貨表示 :

      *お得な 6泊以上優待

      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

      *お得な 6泊以上優待

      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら
      • こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります
      • 2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
      • 2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
      • 2025年5月3日~5日
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      当サイトのご予約が最もお得
      close
      星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
      星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より受付いたします。

      ※こちらの日程は2泊以上のご予約のみ承ります。
      2023年5月3日~5日、8月11日~13日、12月30日~2024年1月2日
      2024年5月3日~5日、8月10日~12日、12月30日~2025年1月3日
      2025年5月3日~5日
      OK
      星のや軽井沢の最大定員は4名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや京都の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや富士の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや竹富島の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや沖縄の最大定員は4名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや東京の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のやバリの最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のやグーグァンの最大定員は7名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      OK