array(9) {[0]=>object(WP_Post)#3562 (24) {["ID"]=>int(2)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-08-23 20:54:11"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-08-23 11:54:11"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特長"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "ja"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-06-25 19:04:15"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-06-25 10:04:15"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=2"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[1]=>object(WP_Post)#3560 (24) {["ID"]=>int(1928)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2022-04-08 13:59:04"["post_date_gmt"]=>string(19) "2022-04-08 04:59:04"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(48) "開業10年 ウツグミの精神で寄り添う"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(7) "history"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2022-04-13 19:02:40"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2022-04-13 10:02:40"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1928"["menu_order"]=>int(0)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[2]=>object(WP_Post)#3566 (24) {["ID"]=>int(14)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:29"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:29"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "客室"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(5) "rooms"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-12-19 14:33:47"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-12-19 05:33:47"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=14"["menu_order"]=>int(1)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[3]=>object(WP_Post)#3561 (24) {["ID"]=>int(16)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:42"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:42"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "食事"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "dining"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2020-01-29 12:39:20"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2020-01-29 03:39:20"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=16"["menu_order"]=>int(2)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[4]=>object(WP_Post)#3565 (24) {["ID"]=>int(18)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:56"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:56"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(9) "過ごす"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(10) "experience"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2017-10-19 16:45:56"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2017-10-19 07:45:56"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(51) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=18"["menu_order"]=>int(3)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[5]=>object(WP_Post)#3573 (24) {["ID"]=>int(9)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-13 19:42:27"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-13 10:42:27"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(12) "交通案内"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(6) "access"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-09-18 16:42:39"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-09-18 07:42:39"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=9"["menu_order"]=>int(4)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[6]=>object(WP_Post)#3574 (24) {["ID"]=>int(6)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2017-10-13 11:27:39"["post_date_gmt"]=>string(19) "2017-10-13 02:27:39"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(7) "Welcome"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(2) "en"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2021-12-13 19:41:24"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2021-12-13 10:41:24"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(50) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=6"["menu_order"]=>int(100)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[7]=>object(WP_Post)#3570 (24) {["ID"]=>int(1320)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:42:43"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:42:43"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhcn"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-03-29 09:20:10"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-03-29 00:20:10"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1320"["menu_order"]=>int(300)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}[8]=>object(WP_Post)#3564 (24) {["ID"]=>int(1330)["post_author"]=>string(1) "1"["post_date"]=>string(19) "2018-08-03 18:47:09"["post_date_gmt"]=>string(19) "2018-08-03 09:47:09"["post_content"]=>string(0) ""["post_title"]=>string(6) "特色"["post_excerpt"]=>string(0) ""["post_status"]=>string(7) "publish"["comment_status"]=>string(6) "closed"["ping_status"]=>string(6) "closed"["post_password"]=>string(0) ""["post_name"]=>string(4) "zhtw"["to_ping"]=>string(0) ""["pinged"]=>string(0) ""["post_modified"]=>string(19) "2019-03-29 09:22:09"["post_modified_gmt"]=>string(19) "2019-03-29 00:22:09"["post_content_filtered"]=>string(0) ""["post_parent"]=>int(0)["guid"]=>string(53) "http://admin.hoshinoya.com/taketomijima/?page_id=1330"["menu_order"]=>int(400)["post_type"]=>string(4) "page"["post_mime_type"]=>string(0) ""["comment_count"]=>string(1) "0"["filter"]=>string(3) "raw"}}
  • 特長
  • 客室
  • 食事
  • 過ごす
  • 交通案内
  • 婚礼/IWAI旅
  • 空室検索

prev
next

      竹富島全体として、
      魅力を増していける起点になるために。

      環境設計を担当したのは、オンサイト計画設計事務所代表、長谷川浩己氏 。竹富島は、沖縄だけでなく全国的にも有数の伝統的集落や文化・芸能がリアルな生活の中に生きている島です。島という小宇宙の中にどのように新しい宿泊施設を埋めこむのか、どうしたら島の風景に溶けこみつつも新しい体験を提供できるかを考え、長谷川氏は膨大な試行錯誤を繰り替えしました。

      中世には、この辺りにも石壁に囲まれた空間が次々に奥へと連なる、グスク(城)形式の集落があったそうです。また、現存する家々は、1棟ずつがグックで囲まれ、島の中心で井桁状の集落を構成しています。伝統を活かし、島全体が持続的に魅力を増していけるよう、長谷川氏はこれら二つのパターンの組み合わせを基本とした、ランドスケープデザインを目指しました。
      グックに囲まれた庭や住戸にいたる島の伝統は、台風への備え、プライバシーと気候に合わせた暮らしの両立など、調べるほどにここでの暮らしにとても合理的にできています。星のや竹富島という新しい集落のランドスケープを考えたとき、竹富島の伝統に沿ってデザインすることは、島の風景としても、リゾートとしても、大きな価値をもらたすための大切なの要素だったのです。

      6ヘクタールを超える星のや竹富島は、全体で一つの村。自分だけの庭から細い路地、その傍らの小さな畑、大きく空に開いたプール、森の木陰や見晴台、敷地すべてがゆったりとした滞在の場所であり、そのまま島全部へ自然につながっていきます。この新しい集落には、島の魅力を存分に味わう起点でありたいという思いを込められているのです。



      0570-073-066
      ( 9:30〜18:00 )
      • 0570-073-066
        ( 9:30〜18:00 )
      close
      HOSHINOYA TAKETOMI ISLAND
      HOSHINOYA TAKETOMI ISLAND
      当サイトのご予約が最もお得
      チェックイン
      2017
      /
      09
      /
      25
      当サイトが最もお得
      当サイトが最もお得

      空室状況

      • すべての星のや
      • 軽井沢
      • 京都
      • 富士
      • 竹富島
      • 沖縄
      • 東京
      • バリ
      • グーグァン
      大人{adults} /子供{children} (1室)
      大人
      11歳以下
      6歳以下
      3歳以下/添い寝
      確定
      添い寝はできる?

      お部屋の定員数を上限に12歳未満のお子様の添寝を承ります。
      なお、添い寝のお申し込みの際は、「3歳以下」としてご登録ください。

      お子様のご利用
      小学生以下(乳幼児含む)のお子様のご宿泊を承っておりません。
      星のや京都は築100年の歴史ある木造建築ゆえに、足音や声が、お隣のお部屋など建物全体に伝わりやすい構造となっております。
      そのため、星のや京都では、中学生以上(13才以上)のお客様のみご予約を承っておりますこと、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
      • 1
      • 2
      • 3
      • 4
      • 5
      • 6
      • 7
      • 8泊以上
      の条件で、1泊1名初日 の宿泊料を表示
      チェックイン日選択
      <
      >
      {year}{month}
      {date}
      <
      >
      軽井沢
      京都
      富士
      竹富島
      沖縄
      東京
      バリ
      グーグァン
      {year}{month}
      {date}({day})
      <
      >
      {year}年{month}
      再検索中 ...
      チェックイン可能
      残りわずか
      チェックイン不可
      休館
      チェックイン可能
      残りわずか
      チェックイン不可
      休館
      他の星のや
      通貨表示 :

      *GoToキャンペーン再開の場合、適用条件にあわせた価格にお切り替えいただけます。
      *お得な 6泊以上優待

      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

      *GoToキャンペーン再開の場合、適用条件にあわせた価格にお切り替えいただけます。
      お得な 6泊以上優待

      *GoToキャンペーン再開の場合、適用条件にあわせた価格にお切り替えいただけます。
      * お得な6泊以上優待

      • 31日以上先の1泊のご希望はこちら

      *GoToキャンペーン再開の場合、適用条件にあわせた価格にお切り替えいただけます。
      60日前優待6泊以上優待

      *GoToキャンペーン再開の場合、適用条件にあわせた価格にお切り替えいただけます。
      60日前優待6泊以上優待

      *GoToキャンペーン再開の場合、適用条件にあわせた価格にお切り替えいただけます。
      120日前優待6泊以上優待

      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      • 航空券とセットでのご予約はこちら
      当サイトのご予約が最もお得
      close
      星のや軽井沢・星のや竹富島では、1泊のご予約は通年30日前より、
      星のや沖縄では夏季のみ30日前より受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      1泊のご予約は、ご宿泊日の30日前より
      受付いたします。
      OK
      星のや軽井沢の最大定員は4名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや京都の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや富士の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや竹富島の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや沖縄の最大定員は4名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のや東京の最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のやバリの最大定員は3名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      星のやグーグァンの最大定員は7名です。
      複数部屋でお申し込みください。
      OK